スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫だから


母ちゃん、結構泣いてた。  by 花


とん爺の時の治療経験から
福・花には絶対罹って欲しくない、と願ってた腎不全だが、
残念ながら そのクジにふたりとも当たってしまった。
お福は12歳。
花は 4歳。


特に家族のいない私としては
花には
私のこれから20年間の(70代中盤までの)伴走をしてもらおうと思ってたので
衝撃が大きかった。

動物病院でやはりアメショ―の3歳で腎不全の治療をしているという方と
話をしたことがあった。
「まだ3歳なんですよ」と本当に悲しそうであった。

花ちんは1歳の血液検査でも クレアチニンの数値が高めだったので
不安だったけど やはりその傾向はあったんだなぁ。

まだ、ふたりとも食餌療法の段階だ。
うまくいけば
ゆっくりゆっくりの進行で
何年も元気で暮らしてくれるだろうと思っている。

今日はとても悲しいのだが
とん爺の時と同じように
直に これが当たり前、の毎日になることと思う。

なんにせよ、
ふたりは昨日までと同じように
とても元気でお気楽です。 猫だからねぇ。




スポンサーサイト
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。