スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シニアパワー!!・・みなさんもお気をつけあそばせ の巻

  「君たち、まだまだだにゃ」  by とん爺 (人間年齢で92歳)


  15日 火曜日 国際的なフィッシング詐欺に遭遇しました。

夕方、突然 ボス教授(以前の上司)から電話あり。
その内容とは

アメリカ在住の しのすけの弟(現在 都合により 断絶状態!)から 
Z教授(弟の友人で現在 ボス教授と同じ職場にいる)宛てに このようなメールが届いたとのこと。

  [メールの内容(英文)]
メールタイトルは 「 Please help me soon!」

緊急に どうか助けてほしい。
あるプログラムのためマレーシアに来ているが ホテルに戻る途中 強盗に合い
所持品一切を 取られた。
なんとか コンピューターで こうして連絡しているが 連絡できるところは限られている。
大使館に訴えてもらちがあかないため ホテル代と 帰国のためのお金を早急に送って欲しい。
金額は2400ドル(日本円で 約21万円)。

帰国次第 お金は返します。

  お金の送り先
   ○○ ○ (住所)    マレーシア

******
  電話を聞いて、私はお金を用意して すぐにZ教授に送金してもらおうと思いました。
 で、一応
 弟の状況を ご隠居たちにも伝えねばと携帯電話しました。

  電話に出たのん子母も お金を準備しよう、といいました。

     ・・・  と  ご隠居が  「待ちなさい」と 一言。
「どうして 今頃 マレーシアに あいつがいるんだ。 それに何かあったら大使館が金を貸すはずだ。
おかしいぞ。警察に問い合わせなさい」
   
  しかし 私は 「早くお金を用意しなくちゃ」で頭がいっぱい。

  ・・・と その時、ボス教授から 再び電話あり。
「ちょっと おかしいです。 学会なら 知人がいるはず。お金は借りられます。確かめた方がいいでしょう」

・・・・・・・・・
 Z教授が 問い合わせると アメリカの弟と連絡がとれたとのこと。

   ここで 私たちはこれが 詐欺だということがわかりました。その間 約1時間ほど。

********
 それにしても いとも簡単に騙されていたのが Z教授 私 のん子母。
 ご隠居と ボス教授のシニアコンビがいなかったら 送金していたでしょう。
 
Z教授曰く
「われわれ若い者が 最初に気づかなければいけないのにねぇ」
う~む。人生経験か。あなどれない!!!!!

 強盗という非日常的な事件を突然 耳にすると 気が動転します。
テレビで見ていて 
詐欺とわかりきっているのに ATMでお金を振り込むお年寄りたちを
笑えません。

弟のメールは hotmail(ご使用の方は 注意!!)
見覚えのあるアドレスでした。 
そして 後で気づいたのですが
私の2つのメールボックスにもそれぞれ1通ずつ届いていました。
弟のhotmailに登録されているアドレスにメールが送られたものとみられます。

今でも ちょっぴり 「もしかして 本当に事件なのかも」、と心の片隅で思っている自分がいます。
結構 トラウマ。

しかし 直接本人ではなく 送金の依頼が来たら 要注意なんですね。

****
本件に関しては 大学でこれから対策などが取られる模様です。
被害者が出ていませんように。

Trackback

Trackback URL
http://shinosukem.blog134.fc2.com/tb.php/1819-c6790c07

Comment

のりきち | URL | 2010.06.20 19:08 | Edit
ドキドキしました。国際的だから余計にびっくりです。いずれにしても、実害がなくてよかったです。
先日実家の固定電話にかけて母が出たんですが、なにげに『わたし、わたし』と言ったら受話器のむこうで固まりました。
私の声を忘れたか?という驚きと、疑った安心感が交ざった複雑な気持ちになりました。
ご隠居様の落着きが頼もしいです
しのすけ | URL | 2010.06.20 20:54 | Edit
◇ のりきちさん
 突然、身内が事件に巻き込まれ、しかも本人からだというメール。
内容も筋道が通っているように思いました。

ただひとつ変だったのは送金先が ホテル名ではなかったこと。
ボス教授が 「ホテルに滞在しているはずなのに」と。
それでも
私は 弟が強盗団に身柄を拘束されているのかも、と思ったものでした!

のりきちさんの お母さん、きちんと 警戒心をもって電話に出られているんですね。 その意気です。

それにしても シニアパワー・。我々は 感心しきりでした。
とんとん | URL | 2010.06.20 22:58 | Edit
ツイッターでちらりと予告してらした事件ってこれだったんですねー
オレオレ詐欺とは違うけど、手が込んでる…
なにごともひとりで判断してはだめってことですねぇ。

被害がなくてなによりでござりました
そして 家族愛の強さにもジーン(←断絶してはるっていうのに)
しのすけ | URL | 2010.06.21 05:55 | Edit
◇ とんとんさん
 そうなんです。手が込んでるでしょう?
hotmail って セキュリティーが甘いのか 以前、ちらりと危険性について
聞いた記憶も・・。
  直接本人から (会って)依頼される以外は 送金は慎重に、ですね。

まさか自分がひっかかるとは思っていませんでしたから
まさに青天のヘキレキ。
いろんな手をつかってきますね。
 何か 予期しないことが起きたら、まず一人で決めないことですね。
あと 変な所がないか 不合理な点がないか 確認。

当のご本人・・・結構抜けてるヤツなんです。hotmailなんか 公の場で使うなー!! アホタレ!(・・と ここで ボヤク)
tororin | URL | 2010.06.21 09:26 | Edit
へええ!!びっくりですねー!!
それにしてもご隠居様 すごい判断力ですね。
母も生前、男性の判断力は女子供にはかなわないと言ってました。
大事な局面では父の判断がいつも正しかったですねー。
私の知り合いでもいまだにホットメール使ってる人いるから削除しちゃおうかな・・・
そういえば、アメリカの友人たちは、最近ホットメール使ってないですよね。
だいたいGメールです。
Gメールは大丈夫なのかな・・?
なににせよ、お金送らなくて良かったですね\(^o^)/
しのすけ | URL | 2010.06.22 07:42 | Edit
◇ tororinさん
 わたしも 最近はGメール と niftyです。
Gメールはどうなんでしょうね?

女性と男性って脳の構造が違ってるんでしょね。
論理的に物事を考えるのが 私は苦手です。
感情で判断!! 詐欺ってのはこういう人間につけ入るのでしょう。

それに加えて
ご隠居や ボス教授は戦中戦後の混乱した時代を経験してきているので
注意深さは 私たちの世代よりも優れているかもしれません。
シニア世代の判断力には 頭が下がりました。

わたしなんか いまだに 引きずっています。
「弟はほんとに、ほんとに大丈夫なんだろうか~?」
我ながら 非論理的人間です。とほほ・・。
tororin | URL | 2010.06.22 09:22 | Edit
きっと、とんちゃんにきいたらご隠居さんといっしょのこと言ったでしょうねー!
上の写真も弟は大丈夫にゃ!と吹き出し出てますよー(#^.^#)
しのすけ | URL | 2010.06.22 12:18 | Edit
◇ tororinさん
 実は、ご隠居ととん爺が 時々重なります(笑)

とん爺が話せるならば 「お前、いつまで騙されとるんだ~?」
と 言うはずですね。
Comment Form
公開設定

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。