スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とん って名前は・・

とんと私
  
    しのすけの日記から

  1991年 6月29日(土)

   火曜日 富谷町の動物愛護センターから
   子猫をもらってくる。

    名前は毎日変わり、今は平太。
  「世の中 太平」から。


・・・・・・・・
   はてな? いつから 「とん」になったんだろ?・・・・・・・


午後3時過ぎ、遠くに青い山々が見える
空気のきれいな広い敷地の斎場で 
とんはお骨になりました。

「とんちゃんの名前の由来は?」と聞かれて
「?????」

 ほんとに 由来はなんだったんだろ?
体は消えても

 *昨日の記事の写真を変更しました~。もうちょっと良さそうなのがあったので(^^)。

Comment

暁 | URL | 2010.07.25 00:42 | Edit
ふっと、「あ、そういえばあの時・・・」って思い出すんでしょうね、とんちゃんの名前の由来。
しのすけさん、チームしのすけファンのひとりとして、とんちゃんの旅立ち、寂しいです。
気丈にしっかりと送り出したしのすけさんのことを思うと余計に。
でも、形は違えども、ずっと心の中に居てくれることもわかるの、別れなんだけど別れではない、っていうことも。
何か書きたいと思って、ずっと考えているけど、思っていることをどう書いたらいいのやら、わかりません。ただ、とんちゃんは憧れの猫さんだったの、会ったことはなかったけど、大好きだった、うちのコらにも、とんちゃんみたいに年を重ねていって欲しいって思ってた、私らもチームしのすけみたいに、チーム暁になっていきたいな、って思ってた、としか、今は書けません、ごめんね。
お福ちん、花ちゃん、しのすけさんをよろしくね。
◇暁さん しのすけ | URL | 2010.07.25 01:43

 「別れであって別れでない・・」 そうなんですよね。
 「あっちで待っててね。会いに行くからね」ととんの耳元で言っておきました。
でも また 「いつもそばにいてね」とも。
どちらも有りなんだと思うんです。それがこの世から旅立つということなのかなぁ。

さて、
とんは 19年間、私とともに生きてきました。
んで、 「猫は自分のペースは守るけど 人のペースには従わない」って耳学問でずっと考えていましたが・・
とんは 私のペースを受け入れてくれているのだ!と
臨終の段になって初めてわかりました。 
優しい、我慢強いヤツだったと 今、あらためて感謝しています。

とんのことをほめてくださってありがとう~(^^)。
猫は歳をとればとるほど 奥深くなりまする。
チーム暁はこれからまだまだ面白くなるはずです!
tororin | URL | 2010.07.25 08:50 | Edit
名前の由来・・・前にしのすけさんの記事で読んだような記憶が…
とんちゃんの何かの動作でそう決めたんじゃなかったかしら…?

伝えたいことがたくさんあるような気がするのに、
何を書いたらいいのかわかりません。
めいめいがいなくなってしまった時、
私を一番慰めてくれた考え方は
一緒に暮らしていた動物は、亡くなった後も
ずっとあなたのそばにいるというものです。
それとしのすけさんが教えてくれた絵本。

とんちゃんとのこと、たくさん思い出して
いっぱい泣いて、ゆっくりしてください。
◇tororinさん しのすけ | URL | 2010.07.25 22:40 | Edit
>私を一番慰めてくれた考え方は一緒に暮らしていた動物は、亡くなった後も
ずっとあなたのそばにいるというものです。

  ほんとうにそのとおりですね!
私も今、その考え方に慰められ力を貰っています。
そして「いつでも会える」をまた読み返しています・・・でも これは
ついつい涙が出てしまいますね~。

19年もの間共に暮らしてきたので「当たり前」の存在がいなくなってしまったような・・子供、彼氏、旦那をミックスしたような存在を失ってしまったような・・
そんな気持ちになっています。

 看病の疲れやら喪失感やらでちょっとダウン気味になっとります。
しかしこれも多くの人が経験すること。
涙をこぼしつつも 少しずつまた歩き始めたいと思います。
とんが支えてくれているはず。

 温かな励ましを ほんとうにありがとうございます!(^^)
Comment Form
公開設定

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。