スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考える・・・


花ちん・・・

キッチンカウンターの上で 
このまま固まっておりました~。
彼女なりに いろいろ思うことはあるのでしょうかね。

考えてみると
とん爺やお福に比べてお利口さん過ぎ(手がかからない)です。

たとえば、ふたりは壁や柱で爪を研ぎまくり
お福ちんなど押入れの襖に穴があくほどバリバリやっとりましたが。

花ちんは
聞き分けもよくて 我慢も知ってる。こちらは大抵楽ちん。
なんだかあんたは優等生だねぇ、と親バカは言ってやります。

・・しかし
ちょっとワルでもいいと思うよ。
その方が面白い。


すずさんへ。

6月17日。
もう 5年になりました。
あの桜の木、今も見るたびに思い出します。
桜の精になってあそこにいらっしゃるような気がしています。
いつも私の心の中に生きています(^^)。


Trackback

Trackback URL
http://shinosukem.blog134.fc2.com/tb.php/2066-07b9d212

Comment

Comment Form
公開設定

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。