スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

添い寝のお福


「添い寝のお福たぁ、あたいのことだい!」 

とん爺が姿を消した後は
その後を引き継ぎ 毎日のように私の枕元で添い寝してくれる お福ちん。

たま~に その姿がないと
寝室がいやに 広く寂しく 閑散とした感じになります。
夜が寒々とします。

昨晩がそうでした。
いつもはダッシュで寝室にやって来るのに
「おーい!お福ー!」と何度呼んでも来なかったなぁ。
臨時休業日だったのかな。

一方、花ちんは 全員が寝静まった頃を見計らって
こっそり私の足元にやって来ます。
それもこれも お福姐さんに遠慮してのことらしいです。


Trackback

Trackback URL
http://shinosukem.blog134.fc2.com/tb.php/2206-6cdf8d80

Comment

さば | URL | 2012.05.19 08:42 | Edit
顔の近くで寝る猫は甘えんぼだと聞いたことがあります。
しのすけさんちは…しのすけさんが甘えんぼなのかにゃ?

ウチの歴代男子は足の上か足の間派です。
二匹いると寝返りが打てません。。
しのすけ | URL | 2012.05.19 14:41 | Edit
◇ さばさん
 たぶん、わたしが甘えん坊なんだと思います(笑)。
傍らにお福のもこもこのお尻か
「へへ」の字眉毛(?)の顔が無いと
なんとも さびすぃ~。

さばさんのとこの男子たちは
甘えん坊ではなさそうだけど
なんとも ありがたメイワクな所でお休みですなぁ。
でも そのぬっくい体温やら重しがないならないで
ちょっと物足りないものかと(^^)。
Comment Form
公開設定

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。