スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悠々大賞


 この席の主が行ってしまった。
2002年 自ら釣ったハゼのテンプラでパーティーをした日

オタミねえさんの旦那さんが 急逝した。

いつ訪ねても機嫌よく迎えてくれて
心地よい空気を作ってくれるおじさんだった。

糖尿病もちだけどお酒が好きで夕方4時を過ぎるとちびちびと飲み始まる。
ゆったり 悠々とお酒を味わい、われら女どものグチなどを
黙って聞いている。

趣味は釣り。
運動は嫌い。

肺に大きな病気が見つかったけど
いつ行っても やっぱり機嫌よくて
闘病という悲壮感は全くなし。
やっぱり ゆ~ったり悠々としていた。

ンフフフフ~という笑い声が
返事代わりだったり 相づち代わりだったり。


さびしいなぁ。
ずーっと いてくれると思っていたのだが。

「おじさん、もう逝っちゃったんだね」と私が言うと
「そうなんだよ。さっさと逝っちゃったんだよ。もう・・」とオタミねえさん。

寝込むでもなく 人にエネルギーを使わせることなく
一人で看取られずに静かにあっさりと旅立ってしまった。
おじさんらしいね。
うらやましい人生です。

これほど悠々とした居住まいの人を見たことがなかった。
なんというか 私的にはおじさんに「悠々大賞」というのをあげたい。

私の天国が ますます賑やかになっていくなぁ。



Trackback

Trackback URL
http://shinosukem.blog134.fc2.com/tb.php/2342-f9f6f2c3

Comment

Comment Form
公開設定

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。