スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎日家庭科


本日の晩メシ
(サバの味噌煮:レトルト ニラとツナの炒め物 モヤシ  に、トマト ごはんは 玄米)

小中高と家庭科は一番苦手で嫌いな科目でした。
元来 ぶきっちょな上に 亡きおっかさんによる強烈なインプットがあったからだと思います。

母は生きていれば85歳。
戦争中~戦争直後の苦しい時代に青春時代を過ごした人で
自分がしたかった勉強が十分にできず
それが私たち子供への期待に変わったように思います。

勉強をしていればよくて(国語・算数・理科・社会・・)
その成績がよければ良くて
その他の日常生活もろもろには無関心。
家事の手伝いをする必要なし、という方針が徹底してました。

私は「それでいいのだ!」と思い込んで育ちました。

ところが、日常生活は 家庭科分野の要素満載。
衣・食・住の3拍子。


 ・・・・・・・・・・・しょぼ~ん


大事ですねぇ、家庭科。
料理は特に生命維持にかかわるので(!)
仕方ない、なんとか今からでも少しずつ努力してみよう。
GWはお料理を頑張って作ってみよう。




Trackback

Trackback URL
http://shinosukem.blog134.fc2.com/tb.php/2417-aedc0258

Comment

Comment Form
公開設定

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。