スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷしゅけー!


「はい?」  

同居にんの呼び方、どんどん変化していきませんか?

うちのお福(14歳)は
ぷくちん、ぷーちゃん、 ぷすけ から 転じて
いつの間にか「ぷしゅけー」になっとります。

ぷしゅけー・・プシュケー
哲学の講義で習った ギリシャの言葉の「魂、心」って意味にも通じ、
なんとなく しっくりきて
気に入って呼んでます。

猫。 若い時の可愛さもいいけど歳とった猫の味わいは特別。
長く一緒にいるヒトと深いところでコミュニケーションをとってくれているようで
大変近い存在になってくれる気がします。

19歳で逝ったとん爺。魔法みたいに私の心理を読み取っていました。
これは 飼い主と猫との間でしかわからないことなんでしょうねぇ。
いわく言い難い心のつながりです。




Trackback

Trackback URL
http://shinosukem.blog134.fc2.com/tb.php/2484-c829b417

Comment

Comment Form
公開設定

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。